Kamis, 15 Maret 2012

鍋島ゆい先生

     今月新しい先生が居て鍋島ゆい先生と言う名前先生です。鍋と言うのは先生にとって料理を置く為の物です。島と言うのはイスランドです。でも「鍋」と「島」が合わせたらどんな意味を持っていますか今までまだ分かりません。「ゆい」は聞くと皆分かるかもしれませんが歌手の名前じゃありません。ゆい本当の先生の名前です。日本はインドネシアにバタク「BATAK」人と同じで名字の名前が有ります。鍋島は名字でゆいは本当の名前です。でも呼ぶ時多分インドネシアに「NTT」時と違って名字を言います。先輩にNTT人として名字を呼ぶのはとても失礼からです。
     新しい先生に教えてくれて本当はドキドキしましたから。先生はどんな教師とかと思いました。教えてくれると嬉しいでした。先生は美しくて親しい先生ですから。教えるばかりの時先生の話を理解するのがとても難しいです。まだ慣れないと思います。その時とても勇気が有ります。
     しかし飯塚先生と比べると違いますが楽しいです。しかしどちらがいいか決めるのが難しいです。どちらでもいい先生だと思います。どちらでも興味深いからです。飯塚先生は珍しい先生です。教えてくれるたびに皆笑います。5年間かインドネシアに居るからです。インドネシアの冗談どころか爪哇冗談も良く知っています。うわさによってマヅラ語「MADURA」も上手だそうです。本当に頭がいい先生だと思います。インドネシア人にとって2つか3つ国語が出来るのが普通ですが日本人なのにそんな事が出来たら天才だと思います。でも鍋島先生もいい先生だと思います。説明のが詳しいからです。多分短い時間で会うからどんな先生か良く分かりません。

1 komentar: